何が原因?iPhone故障の理由とは?

iPhone故障の原因ってどんなものがあるの?どんな故障でも修理は可能なのか? - iPhoneが壊れる原因の紹介

iPhoneが壊れる原因の紹介

あなたは今までiPhoneを使ってきて故障をしたことがありますか。
実際にiPhoneは画面のガラスが出ていることから、外傷での損傷を経験することはとてもおいのではないでしょうか。
そこでよくiPhone修理に出る原因のトップ4を紹介していきます。

1.落下させてしまう

ポケットかばんにしっかり入っておらず、床に落下せてしまうパターンです。
実際に外傷がなくてホッとするときもあると思いますが、その場合でも中の部品やコードには大きな影響を与えてしまっていることを忘れないでください。
そのため、ケースをすることで少しでもダメージを抑える工夫をしてくださいね。

2.充電器愚痴が壊れる

これは充電器の抜き差しが日々行われる中で、引っ張ってしまったり、変な向きで刺してしまうことが原因で起こる損傷です。
また、差し込み口がむき出しになっていることもあり、そこから汚れやゴミが入ってしまい、壊れてしまうというケースもあります。

3.液晶が中割れしてしまう

ポケットやカバンに入れている際に画面を圧迫してしまっており、画面が強く押されてしまい、見た目では特に大きな外傷はなくても、中で液晶が割れてしまって、画面が表示されなくなってしまうということがあります。
rgetr
携帯電話端末自体がもともと精密機械なため、丁寧に扱う必要があることを忘れないでくださいね。

4.端末の隙間からゴミが入ってしまう

iPhoneを使っていると、部分的に隙間が空いてきてしまうときがあります。
その隙間から、砂や手のカスなどが入ってしまい、端末の反応が悪くなったり壊れてしまったりします。
以上のように壊れてしまう原因は日常生活の中でたくさんあります。
あなたもiPhone修理にならないために気をつけてくださいね。
iPhoneを使っているとあれ?これって故障かな?と思うような不具合がよく起こります。
しかしそのときにこれはよくある不具合で放っておけば直るというのを知っていればきっと焦らなくて済むのではないでしょうか。
そこで今回はよくある不具合とその可決方法について紹介します。

動作があまりにも遅い

iPhone修理の中でもよく相談があるのが、動作が遅くなってしまったという相談をよく聞きます。
そこでこのようなケースには、一度電源をオフにして、SIMカードを一度抜いてください。
そして再起動をすることで改善される場合があるので、一度試してみてくださいね。

かたかな入力しかできない

まずはホーム画面の状態でホームボタンをダブルタップし、そのタスク内に表示されるアイコンを長押しすると、タスク内のアイコンを全て削除することができます。
それらを削除後、電源ボタンとホームボタンを同時押しをするとApple社のロゴが出てくるので、ロゴが出てきたら離してください。
これをするとかたかな入力しかできない現象を解消することができます。

入力している際にアプリがシャットダウンしてしまう

これの原因は交換学習辞書機能によるもので、設定をタップし、一般をタップすると一番下にリセットするところがあります。そこでキーボードの変換学習をリセットを選び、辞書をリセットをタップすることでこれらの設定が初期状態に戻され、問題を解決することができます。
以上がよく見られるiPhoneの不具合のケースです。
これらの不具合はiPhone修理に出すまでもないため、自分の力でなんとかすることができるので、上記のような対処を行ってみればきっとあなたの不具合も解決されるはずです。
自分の力でどうにもならないときは、iPhone修理のモバイルフォンプロテクター「モバプロ」に修理をお願いしましょう。