アーカイブ

カテゴリー

更新情報

海外就職をする際にどんな仕事があるのか

thrs
海外で働いているというだけで、なんだか素敵な感じがしますよね。
とは言っても、海外で働くには語学力・滞在するためのビザ・就職の機会など、いろいろとハードルが高そうですよね。
今回は、海外で働く際にどのような就職の機会があるのか、つまり、どんな仕事があるのかに絞って、まとめてみましたので参考にしてみて下さいね。

海外就職は3つに分類できる

海外就職は、主に3つの形態に分類できます。
それは、日系企業の現地駐在員、日系企業の現地採用社員、外資企業の現地採用社員です。

日系企業の現地駐在員

日系企業の現地駐在員とは、日系企業の海外支店や現地法人で、主にマネジメントや経営を担います。
駐在員は、日系企業に普通に就職した社員の中から派遣されることが大半です。
ただし、日系中小企業では、現地駐在を前提にピンポイントで採用を行っている場合もあります。

日系企業の現地採用社員

日系企業の現地採用社員とは、日系企業の海外支店や現地法人で、一般社員として採用されるため、駐在員に比較すると現地での実務的な仕事を行うことが多いでしょう。
また、現地で敢えて日本人を採用するということは、日本人であることが必要な仕事が多くなります。
たとえば、同じ国に進出している日系企業の海外支店や現地法人への営業活動などです。

外資企業の現地採用社員

greargaer
外資企業の現地採用社員とは、現地資本の企業や現地に進出している外資企業の一般社員として採用される場合です。
当然ですが、一般社員として採用されますので、実務的な仕事を行うことが多いでしょう。
そして、現地の人でなく日本人を採用するということは、やはり日本人であることが必要な仕事だったり、日本語を話す必要のある仕事が多くなるようです。

観光業は現地採用が多い

今までは一般的な説明をしてきましたが、ここからは具体的な仕事や職種を紹介します。
日本人が多く観光で訪れる国では、日本人向けの接客担当として日本人が採用されることが多くなります。
例えば、現地ツアーの企画をするツアーコンダクター、現地ツアーに添乗するツアーガイドなどです。
日本人が経営する現地ツアー会社だったり、外資のツアー会社だったりしますが、日本の大手旅行会社から現地でのオプションツアーなどを請け負っています。
また、ホテルなどの宿泊施設でも日本語対応を任される人材として、日本人が採用されやすいと言えるでしょう。

日本料理が世界でブーム

寿司やラーメンなどの日本食が世界中でブームになっています。
日本でフランス料理を食べる際に、フランス人のシェフやフランスで修行したシェフのお店が流行るのと同様に、海外の日本料理店でも料理人が日本人であることがブランドになるのです。
ですから、調理師免許を保有していたり、すし職人としての経験がある人のニーズは根強く存在しています。

日本語教師

中国の存在感に押されていますが、それでも世界で日本語を学ぼうとする人は非常に多いです。
東南アジアでは、日本企業の進出や日本とのビジネスのために、日本語教育が非常に盛んです。
また、日本の漫画やアニメ文化に興味を持って日本語を学ぶ人も増えています。
ですから、日本語教師のニーズは、まだまだ高まりを見せていると言っても過言ではありません。
ただし、教える為に現地の言語を高いレベルで操れる能力が必要であることには、注意が必要ですよ。

英語力・現地の言語力があることが前提です

海外での就職機会というのは、あなたが思っている以上に存在していますが、ある程度の語学力が求められることも事実です。
とはいえ、日本人向けサービスなどの仕事では、語学力のハードルも少し下がるでしょう。
将来のキャリアプランも考えた上で、後悔の無い選択をしてくださいね。